木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • たくさんの見学を

    2019年02月05日(火)

    節分を迎えて寒さはピークと思いきや

     

    気温18℃の汗ばむ陽気。

     

     

    夏も異常気象なら冬も異常気象なのでしょうか・・・。

     

    冬の寒さは覚悟しているだけに

     

    毎日完全防備で3枚重ね着は当たり前。

     

    こんな気温になられてしまうと体調も崩しやすくなりますね・・。

     

    油断せず参りましょう。

     

     

     

    継続して開催しておりましたお施主様の実邸を

     

     

    ご見学になられた方がどんな部分を参考にして

     

     

    今後進まれるのかというと

     

     

    やはり間取り(動線)に関してのチェックが多いと感じます。

     

     

    自由設計となると自分たちが暮らしやすい事はもちろん

     

     

    実際に建てられた方がどんな工夫をされたのか・・・参考にして

     

     

    良いところは自分たちの設計でも取り入れたい!

     

     

    女性は特に水回りの動線は時短家事の重要ポイントで

     

     

    洗濯かごをもって動く距離や

     

     

    買い物をしてきたたくさんの荷物をストレスなく収納するクローゼットまでの距離。

     

     

    今までは、我慢して生活してきたことが

     

     

    家づくりをすることによって、たくさん解消される。

     

     

    それが理想の住まいです。

     

     

    今、ストレスに感じていることはとても大事なこと・・になるんですね。

     

     

    まずは、こんな風になったらいいな・・・を知ること、感じることが大事。

     

     

    その為にモデルハウスもそうですがお施主様の実邸見学が

     

     

    暮らしに沿ったリアルな場として「今の暮らしと比較」してみるのが良さそうです。

     

     

    私の今の暮らしで小さなストレスを日々感じています。

     

     

    いくらシンプルにモノは少なく暮らそうとしても、自分以外の家族が

     

     

    使う収納も必要。奥に追いやるような収納は嫌なので、手前に余裕のあるスペースを・・とか

     

     

    重いものが置きやすくて、軽いものが落ちにくい収納・・とか

     

     

    地震が来たときのことを考えて腰の高さで家具を統一・・とか

     

     

    洗面脱衣室の広さの余裕、

     

     

    室内物干し・・インナーバルコニーが確保できる・・などなど。

     

     

    季節の家電も固定で収納したら、出し入れが楽だし

     

     

    洋服も本当はクローゼットを春夏・秋冬で分けたいくらい。

     

     

    わがまま放題希望を出すと、今の暮らしにどれだけ小さなストレスがあるのか

     

     

    それなりに何とか整理して工夫して過ごしているのか振り返ることになりますね・・。

     

     

     

     

    何件でも見学できる限り足をおお運びください。

     

     

     

    一目瞭然のすっきりとした収納=いつでも整然とした部屋=掃除しやすい部屋。

     

     

    いろんなことに連動するということを改めて感じる機会です。

     

     

     

     

    ↓シノスタイル「かわいい家photo」

    LINE@始めました。イベント・見学会のお知らせを差し上げます。

    友だち追加

    ↓インスタ始めました。

    ↓ルームクリップ始めました。

    ↓輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ