木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • 人間の肌と同じ 油分は大事

    2017年10月13日(金)

    今年に入って建築されたお施主様のお宅を実例写真として

     

    モデルハウスへ展示しております。

     

    ↑の写真もそうですが、ここ最近人気の色味は

     

    明るいナチュラル系、白と無垢そのものの色を活かしたタイプや

     

    色をつけてもウォールナットの一度塗りが人気のようです。

     

    自然塗料のウォールナットは、二度塗りだとこげ茶に近くなりますが

     

    写真のように一度塗りで仕上げても塗料の油分が時間をかけて

     

    しっかり木の芯まで浸透し、木の乾燥を防いでくれます。

     

    肌に塗る化粧水や美容液と同じく、「浸透する塗料」かどうかで

     

    無垢材の持ちが違ってくるということは、あまり知られていないみたいですね。

     

    実際に7年前に施工した現場では、完成時に一度だけ塗った床も

     

    天井もまだ塗り重ねる必要はなく、反りもほとんど気になりません。

     

    乾燥している冬に行くとよくわかります。

     

    さらっとした無垢床の表面を保てるのは、実は木の芯まで浸透している

     

    自然塗料の油分のおかげなのです。

     

    そろそろ乾燥が気になる季節。

     

    家づくりの素材もこういった視点で見ていくと勉強にもなりますし

     

    自分たちが快適に暮らすための素材選びに優先順位が付けられるのでは?と思います。

     

    自然塗料で塗装した無垢床を素足で歩いてみたい!という方は

     

    是非、モデルハウスへご来場ください。

     

    自由に見学して頂けます。

     

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ