木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • スイス漆喰塗り体験 終了しました。

    2018年04月27日(金)

    26日、第3回木もれ陽勉強会を開催致しました。

     

     

    今回は場所を変えて、住まいの窓口なんでも展示場「シノスタイル」のブースです。

     

     

    スイス漆喰で仕上げたブースでまずは座学のスタートです。

     

    座学では、

     

    ①スイス漆喰ってなに??どこから生まれた素材なのか

     自然素材と言われる理由は何か遠いアルプス山脈からのお話も交えて

     

    ②日本の漆喰や珪藻土と比べて何が違うの??

     「あれ?ジョイ○○さんに、簡単にできるしっくい売ってるけど・・・」と

     参加者さんからも聞かれます。この日本の漆喰やDIY用に作られた

     オリジナル塗り壁とは違うスイス漆喰について

     

    ③今の家の壁紙と比べてみたら・・・何が変わるの?

     参加者さんから「家の壁、塗り壁だけど工務店さんが家を建てたときに

     「これ使わせてください」って言われてそのままお任せしました。でも

     ほこりがすごくついて困っています・・」とお話しがありました。

     塗り壁は漆喰ではなく「ジョリパット」というものスイス漆喰との違いを

     お話しました。

     

     

    座学はいつも30分~40分くらいです。

     

    少し、難しい言葉もあったりしますができる限りわかりやすく

     

    ご説明しています!

     

    今回、3年前に木もれ陽物語の家づくりをされたK様もご参加。

     

    掃除機をぶつけて薄くなってしまった壁のメンテナンスを覚えたい!ということで

     

    レジュメと補足資料を見ながらお勉強。

     

    座学の後はいよいよ実技に入ります。

     

    ここがみんな楽しみのようですね^^

     

    正直、もう少し簡単に塗れると思った・・・と後で感じることになりますが

     

    まだこのときは早く塗りたくてウズウズしているところです。

     

    コテも金鏝・木・スポンジと種類も変えて塗り心地と仕上がりを

     

    確認します。

     

    自分が仕上げたい壁の雰囲気によって選ぶことができそうですね。

     

    奥のバケツは、スイスから届いた状態のスイス漆喰です。

     

    表面には水分が浮いています。

     

    石灰成分90%以上、残りがこの水です。

     

    これを塗る前に、思い切りしっかりと撹拌(かくはん)するのが力仕事。

     

    手前のバケツが撹拌したあとのカッテージチーズのような

     

    ヨーグルトのような状態です。

     

    塗るには越えなければならない壁・・・「鏝返し」です。

     

    鏝を持ってサクサクと塗ればいいんでしょ??と思っていたら

     

    実はこの鏝返しがうまくいかず、ボテボテと漆喰が落ちてしまいます。

     

    一人ずつ、鏝返しのマスターチェックをして、いざ本番。

     

    待ちに待った漆喰左官です。

    あらかじめ下地塗りを終えてある石膏ボードで今回塗っていきます。

     

    鏝に乗せた漆喰を下から上に左から右にそっと浮かせて

     

    のばしていきます。

     

    鏝の上の部分(エッジ)を開いて滑らせるのがコツ。

     

    ジャリジャリといい音を立てて塗ったあとは仕上げの上塗り。

     

    ここでは鏝あと楽しむように、みなさん自由に塗っていきます。

     

    シノスタイルスタッフ青木さんも初塗り。

     

    セカンドベースのお姉さんたちに教えてもらいながら

     

    鏝をすべらせます。

     

    左官職人さんが、家1棟仕上げるのにはこのように

     

    利き腕一本で下地のモルタル塗→下地塗り→本塗りと

     

    塗っていくわけです。

     

    簡単に終わらないわけですね。

     

    「左官さんてすごいね・・・大変だね・・・」と話しながら塗りを進めました。

     

     

    今回、座学で漆喰の種類からこのスイス漆喰の特徴を学び、

     

    実技で撹拌から鏝を握っての壁仕上げ。

     

    無心で作業すること1時間半。

     

    セカンドベースの一角の壁は今、真っ白なスイス漆喰の壁となっています!

     

    展示場にお越しの際はぜひ、みなさんの傑作をご覧ください。

     

     

    人気のテーマなので、このスイス漆喰塗り体験はまた企画して

     

    行いたいと思います。

     

    今度はちょっとした造形もチャレンジしてみましょうかね^^

     

     

     

    さてさて・・次の勉強会のテーマですが、本日の参加者さんからもリクエストのあった

     

    「自然塗料」についてです。

     

    只、木材に塗るにはつまらないので実際にボックスを組み立てていただいて

     

    自然塗料を塗ってみましょう!

     

    「自然」塗料ってどういう意味??何がいいの?とまずはあまり難しく考えずに

     

    実物に触れて学んでみましょう!

     

     

    定員8名ですが、すでにお申込みが8名といっぱいになりました為、急きょ定員枠を増やしました!

     

    あと2名様まで参加可能ですので、ぜひご参加ください!

     

     

    早々のお申込み、ありがとうございます!

     

    ※あと2名様・参加可能ですお申込みはお電話またはHP 参加申し込みページからご予約ください。

     

     

     

     

    ↓シノスタイル 暮らし・はぐくむ・家づくりのわ「シノ・ファミーユ会員募集中」

    詳しくはこちらのページをご覧ください!

    ↓シノスタイル「かわいい家photo」

    LINE@始めました。

    友だち追加

    ↓インスタ始めました。

    ↓ルームクリップ始めました。

    ↓輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ