木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • 土地を考える⑨ 都市計画その7 -アオキ-

    2018年01月24日(水)

    最近加湿マニアのアオキです。

     

    家では大型の加湿器を購入。

     

    加湿具合を調整できるのですが、先日、調子に乗って出力を最大にして寝てしまったら、

    部屋がドライアイスの特殊効果のようになってしまいました。

     

    加湿の難しさを知りました。。。

     

     

    さてさて、絶賛連載中の土地を考える。今回で第9弾です。

     

    前回は用途地域が全部で12に分かれていることを勉強しました。

    それではそれらを詳しくいていきましょう。

     

    第一種低層住居専用地域

    一般の住宅のほかにも、小規模な兼用住宅(店舗・事務所など)、小学校・中学校・高等学校、老人ホーム、診療所などを建てることができる地域で、日本で2番目に多い地域と言われています。

    ※兼用住宅は、店舗や事務所として使う部分の床面積が、50㎡以下かつ建築物の延べ面積の2分の1未満におさめる必要があります。

     

    建物高さなどの制限が最も厳しいエリアのため、高い建物が立つこともなく、住宅環境ではとても良い地域と言っていいでしょう。分譲マンション等が立つ場合もありますが、規制により3階建てくらいの低層になります。

     

    その反面、兼用住宅以外のお店は建てられない=コンビニ等がないため、大きい第一種低層住居専用地域の中心で暮らす場合は、普段のちょっとしたお買い物に不便を感じるかもしれません。

     

    なるほど、、、、商業施設との兼ね合いをどう見るか、、、土地選びのポイントになりそうですね。

     

    次回は②第二種低層住居専用地域についてです。

     

    ☆★お知らせ★☆

    ↓1月27日(土)28日(日)、2月3日(土)4日(日)、2週連続でモデルハウスイベント開催します!

    神納モデルハウス:千葉県袖ケ浦市神納2−21 駐車場完備

     

    ↓シノスタイル 暮らし・はぐくむ・家づくりのわ「シノ・ファミーユ会員募集中」

    詳しくはこちらのページをご覧ください!

    ↓LINE@始めました。

    友だち追加

    ↓インスタ始めました。

    ↓ルームクリップ始めました。

    ↓輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ↓ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ