木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • 土地を考える② 原理原則  -アオキ-

    2018年01月06日(土)

    アオキです。

     

    本日からシノスタイルは仕事始め。

    どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

     

    シノスタイルでは年明け早速、新しい試みをスタートさせます。

    より多くの方がシノスタイルに触れてもらえるよう、考えうる全てを駆使してお伝えしていきます。

    今月中旬から色々なカタチで目に入ってくると思いますので、是非楽しみにしていてください。

     

     

    さて、絶賛連載中の土地を考えるということ。

    私もシノスタイル入社後、不動産に触れてから土地というものはとても面白いものだと日々感じております。

    立地・広さ・陽当たり・ライフライン設備、などなど色々な要因が重なって取引がされておりますが、なによりもそれが超現実的であること、つまりはデジタルが一切関与しないアナログな世界なこと、そこに大変魅力を感じます。

     

    AIが発達し、人間の仕事が益々デジタルにシフトしてきている昨今、土地という不動産はただそこにあるもので、デジタルではどうにもできないものです。地球の公転で生まれる朝昼夜、地軸の傾きから生まれる春夏秋冬、その温度差、その原理原則・自然の摂理をもろに受けるのが土地であり、誰がどうすることもできないもの、それを扱って商売している不動産業はまさに地域を創造する誇りある業種だと思っております。

     

    その誇りを胸に2018年、誠実に不動産に向き合っていこうと強く思います。

    引き続きどうぞよろしくお願いします。

     

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ