木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • カフェ建築

    2017年08月31日(木)

    君津市カフェの建築現場では足場も取れ

     

    外部のポーチタイルや土間などの工事と並行して

     

    浄化槽設置、外構と進み完了となります。

     

    真夏の暑い時期に始まり、秋の入口でお引渡しとなりますが

     

    その後は保健所さんの立ち合い検査があり

     

    合格すれば翌日に営業許可書が発行されるという

     

    スピーディーな流れです。

     

     

    お店の看板もオーナーさんがご自身で考えられたフォントと

     

    サインで取り付けが楽しみです。

     

    手づくりランチ、御惣菜やケーキのテイクアウト、

     

    カフェと女性にも男性にも喜ばれるお店。

     

     

    ご近所さんからも早くオープンしないかと

     

    期待されていて、オーナーさんはどきどきしていらっしゃいますが

     

    きっと大丈夫。

     

    リズムをつかみ始めて年末頃にはご自分のペースで

     

     

    進められることと思います。

     

     

     

    今振り返ると、あわただしく色んな事を考えて決めたりしていた時が

     

    とても懐かしくて、お引渡しはとっても嬉しいけれど

     

    少し寂しいキモチです。

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 秋のスタート

    2017年08月30日(水)

    8月も今日をいれてあと2日。

     

    7.8月とあっという間に過ぎました。

     

    新居にお引越しされて、新しい通学路から学校へ始まるお施主様の

     

    お子さんとか・・大丈夫かな?道には慣れたかなと

     

    思い出します。

     

     

    そう思うと、春もスタートの季節で心機一転、

     

    新しいことが始まることが多く、気力体力使いますが

     

    秋のスタート、この9月も何かと気ぜわしく

     

    学校に通うお子さんのいらっしゃる家庭では

     

    小走りに過ぎていくような気がします。

     

     

     

    同じ24時間なのに、どうしてこんなに慌ただしいのかなと

     

    常々思いますね。

     

     

     

    少し涼しくなって外に出るのも行動しやすくなりますので

     

    シノスタイル モデルハウスへも是非ご来場ください。

     

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 人と同じ

    2017年08月29日(火)

    今年の夏も暑かったけど・・また来年もずっと夏が暑いことには

     

    変わりはありません。

     

    流行りの電化製品に高いお金を出して

     

    あとから付け足しだらけの家より

     

    建てるときから構造や間取り、作り、素材を考えた空間であれば

     

    快適さが違うものだと思います。

     

    夏、写真のような日影になるバルコニーがあったらな??とか

     

    風通しの良い位置に窓の大きさや開閉の形状を考えて配置してるかな?とか

     

    壁が熱持ちやすいものではないかな、

     

    床からの熱の伝わり方はどうかな??とか・・・

     

    考えれば色々出てきます。

     

    土地選びには東西南北、建物はそれにあわせた配置と素材選びなど

     

    人と同じでは済まない、考えるべきところがあるのが実際です。

     

     

     

    人と同じ・・ということに安心しないで、家づくりを考えましょう。

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 想像が楽しい

    2017年08月28日(月)

    夏休み最後の土日が終わっちゃいましたね・・・。

     

    お天気は幸い良かったので、家族の思い出づくりはできたかな?

     

    学校が始まったら宿題持って、元気に登校してもらいたいですね。

     

    長いぞ~と思っていた夏休みも着実におわりを迎えるな・・と

     

    私もふと思いました。

     

     

     

    先週から引き続き、プランのお打合せ後修正した図面と

     

    造作や自然素材の施しをどうするか・・・

     

    図面を見ながら案を出しています。

     

    お施主様が好きそうな造作、雰囲気とそこにサプライズで何か

     

    加えたりアレンジしたりできないか??

     

    そういう事を考えているときがとても楽しいです。

     

     

    作る楽しみを感じられるこの仕事は

     

    おわりがないなと思っています。

     

    完成はすごいようで実は以外に味気ないもの。

     

    家は完成したようで、そこから年月とともに

     

    住む人によって手が加えられたり

     

    カタチが変わることもあったり

     

    雰囲気が変わることもあって

     

    変化し続けているなと感じます。

     

     

    作る側も暮らす側も、楽しめることって大変ありがたいことです。

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 毎日、よく使うところの造作

    2017年08月27日(日)

    昨日はS様と造作の打ち合わせを行いました。

     

    シンクのデザインでは使い勝手を考えて大きさを検討、

     

    深さやカウンターの形状もご希望のイメージを

     

    お伺いし、水栓金具は床からの排水立ち上げか

     

    それとも壁からか・・・などデザインを比較しながら

     

    候補をあげていきました。

     

    洗面台も毎日使うところ、それも一度でなく2度、3度と使う場所ですから

     

    既成概念にとらわれず、使うたびにストレスがないよう

     

    考えて造作。

     

    自分流に作れるからこそ、そのストレスがなく

     

    掃除も楽しめるのではないかなと思います。

     

    造作の打合せは悩むところもたくさんありますが

     

    完成したときの喜びは既製品の何倍もあります!

     

    その楽しさも完成度も味わって頂きたいなといつも思います。

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 家と自分たちを見直して

    2017年08月26日(土)

    夏休み最後の土日。

     

     

    宿題終わって余裕で家族のお出かけになるか・・・

     

    宿題終わらず家族総出で課題仕上げになるか・・・

     

    とくに小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭はヒヤヒヤですね。。

     

    夏休みの約40日で、何か変わったことってあったのかな?

     

     

    さて、今週も建築が始まるお施主様との打合せが始まります。

     

    また新しい建築地に出会う楽しみ、ワクワク。

     

    どんな家になるのか、

     

    どんな暮らしを求めていらっしゃるのかを伺う時はとても新鮮で

     

    見たことのない本のページをめくるような気持ちがします。

     

    お会いした方へも、こうしてSNSを通してもお話していることなのですが

     

    「漠然とした家を建てないでほしい」

     

    「自分たちの暮らし方を考えて(想像して)建ててほしい」と思います。

     

    今、賃貸で作られた(限られた)間取りの中で暮らしていたら

     

    それはそれなりに便利さも不自由さもあるはずです。

     

    ただ便利にする家を建てるのではなくそこにあるのは「自分」です。

     

    「自分・自分たち家族」がどう生活し、歳をとり、なにを楽しみに

     

    その家で過ごすのでしょうか?

     

    何がその家にあるべきなのか、ただモデルハウス巡り、ハウスメーカー巡りをする前に

     

    振り返って頂きたいと思っています。

     

     

     

    私が作った家づくりをする前の段階のヒアリングシートは

     

    見方としては「今の家(暮らし方)診断」でもあります。

     

    書き込んで頂くことで色々な反省点や改善、希望、目標、理想が発生してくると思いますので

     

    ご希望の方は家の中をじっくり見つめながら書いてみてはいかがでしょう?

     

    シノスタイル 木もれ陽物語のモデルハウスでお渡ししております。

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 手作りレモンタルト

    2017年08月25日(金)

    先日、夕方現地で打合せを行ったカフェ建築の現場です。

     

    今週中に内装工事が完了し、あとは設備の取付、

     

    厨房の仕上げに進みます。

    図面の段階、地縄貼りまではこじんまりした店舗の大きさかな??とおもっていましたが

     

    今ではとっても大きく感じます。

     

    厨房の広さも動きやすく、収納もしっかり確保でき

     

    作業台を増やしても良さそうなくらいに感じています。

     

    建物の周りには緑が多いので来たようなリラックスできるカフェを想像できる

     

    素敵な雰囲気。

    お忙しいにも関わらず・・私がリクエストした食材「レモン」で

     

    なんと「レモンタルト」を作って待っていて下さいました!

     

    一瞬打合せどころではない興奮と感激。

     

    市販のレモン系お菓子、デザート、パンは香料でレモンを感じても

     

    味覚でしっかりレモンと感じることができないのでイマイチ・・とこぼしていたら

     

    S様の作ってくれたレモンタルトは、最高!レモンクリームにはしっかり

     

    酸味と香りが感じられて・・・幸せでした^^

     

    一緒に行ったセカンドベーススタッフもおいしさに感激していました。

     

    照明も決定し細かい店内のサイン関係、小物、時計などお選び頂き

     

    設置に伺うのも楽しみです。

    足元ではミルちゃんが耳をちょこちょこ動かしながら

     

    私たちの会話に注意を伺い、静かに夕方の時間を過ごしていました。

     

    カフェがオープンしたら、初めて会う人もたくさん来るだろうけど

     

    ミルちゃんは静かなやさしいコなので、人気ものになることは確定。

     

    やさしい目で見つめられると、離れがたくなって・・・

     

    そのまま一緒にお散歩に行っちゃおうかなと思ってしまいました。

     

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • オーナー様施工

    2017年08月24日(木)

    君津市で建築中のカフェ・・・お盆のお休み中にオーナー様御家族で

     

    窓枠やカウンターなど木部の塗装をされました。

     

    初めて塗る自然塗料。

     

    素材が亜麻仁油などの自然素材なので

     

    香りも良いし、施工はとても簡単です。

    市販の水性塗料などに比べると塗りムラの残りにくい塗料で

     

    ウエス(拭き取り用の布)片手につけすぎたところは拭き取りながら

     

    刷毛やローラーでなめらかな仕上げができます。

    油分の多い塗料なので、木の芯までじっくり染み込んでいくのは

     

    時間がかかりますが、その分表面的な剥がれなど起こさず

     

    しかも、木には油分を保持しつつありがたい塗料となります。

     

    乾燥するとさらっとした仕上がりで無垢そのものの香りもきちんとしています。

     

    無垢の香りがするということは、木の呼吸を止めていないということです。

     

    ペンキをべったり塗った木は無垢の香りより塗料の香りが増してしまいますが

     

    自然塗料は人間の肌につける化粧水や美容液のような約割で

     

    浸透して保持する成分なのです。

     

    カフェとしてお客様に食を提供する場所でもあるからこそ選んだ自然素材。

     

    オーナー様が選ばれた理由もそこにあります。

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 処暑

    2017年08月23日(水)

    今日は処暑。

     

    暑さも落ち着いて静かに秋を迎える・・・ということに

     

    二十四節気では言われていますが、どうもその通りにいかないのが

     

    現代の気候です。

     

    ・・・でも夜は秋の虫が啼いているのが聞こえたり

     

    ふとしたときに感じる空の気配も

     

    真夏ではなくて秋っぽくなってきました。

     

    本当に夏は短いものですね。

     

    夏だからこそやってみよう!出かけてみよう!と思って

     

    計画するのも束の間、夏の計画は春のうちに・・・と早めのほうが

     

    実行できそうです。

     

     

     

    この時季、東京でアパート暮らしの学生時代に

     

    エアコンのない暑い部屋では耐えられず

     

    一日、近くの図書館で課題をやったり

     

    本を読んだりして過ごしたことを思い出します。

     

    夕方5時の閉館後、結局西陽のあたる部屋へ帰るしかなく

     

    ひたすらエアコンのある暮らしへの憧れが強くなったときでした。

     

     

     

    今思うと、一日中図書館にいられたなんて

     

    とっても贅沢な時間ですね。

     

    これから涼しくなる季節。

     

    どんな本を読みたくなるのでしょうか?

     

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • スイス漆喰の左官職人さん

    2017年08月22日(火)

    スイス漆喰の左官中に現場へ行ってきました。

     

    木もれ陽物語の家づくりでは、真っ白なスイス漆喰に憧れて

     

    色つけを行うことは少ないのですが、時々こうして顔料で

     

    お好みの色に近づけた施工をすることもあります。

    やわらかいピンクベージュでふわっと優しい雰囲気が出ています。

     

    窓下部分はこれから塗る部分、下地の白なので、どの位色がついているか

     

    わかると思います。

     

    いままで着色した色はエメラルドグリーン、パープル、ピンク、

     

    黄土色と使ったことがあります。

     

    顔料の配分は難しいので左官職人さんの意見を中心に

     

    お施主様と打ち合わせしていきます。

     

    滑らせるようなコテの動きで、さぞスイス漆喰はやわらかくて

     

    さら~っと塗れるものなんだな・・と思いがちですが

     

    実際に塗ってみると全く違うことがわかります。

     

    利き腕一本で施す技術。

     

    何年もスイス漆喰を扱ってきた職人さんにしかできない技術が

     

    家全体に施されていることに大きな価値観を見出して頂けると思っています。

     

    「塗り壁」の先入観では語れない美しさがあります。

    (千葉市K様邸にて)

     

    技術と芸術性のある左官を施してくれるK氏。

     

    とても繊細な左官から、これが漆喰で??と目を疑うような

     

    造形左官をお願いしています。

     

    木を扱う大工職人と、スイス漆喰を扱左官職人さんの技術で

     

    木もれ陽物語は1棟1棟、仕上げていきます。

     

     

     

     

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 次の10件