木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • 週末はモデルハウスで!

    2015年07月31日(金)

    7月も今日で終わり。

    明日からは8月です。

    学校に行っている子供たちはもう夏休みに入って

    10日もたってしまってるんですね。

    夏休みの課題、進んでいるかな?

     

    さて、明日1日はシノスタイル2回目のイベントです。

    袖ヶ浦市の木もれ陽物語モデルハウスで見学会と

    家づくり相談会を開催します。

     

    2日目はお知らせしてきました木もれ陽勉強会。

    まだ午前中の座学は席のご用意ができますので

    当日参加でも大丈夫です。

    10:30~11:30までの1時間、日本の家づくりの今昔について

    素材がどう変わってきたか、造りそのものもどう変わったかなど

    お話をします。

     

    今回もお話してくださるのはイケダコーポレーションの田畑さん。

    雑誌come home!にもたびたび登場しているあの人です!

    ただ真面目にかたいお話ではなく、楽しい時間となると思いますので

    どうぞご来場ください。

     

    漆喰についてのお話、diy実技は今回でいったん終了です。

    また次回の勉強会については日程が決まり次第、お知らせ致します。

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 片付けは、人生つきもの

    2015年07月28日(火)

    お休みだった昨日は、家の中で片付けをしたり

    読書をしたりDVDを観たりして過ごしました。

    片付けは、時間がかかるけど終わったあとの

    生活が過ごしやすくなるし

    ココロもすっきりするので癖になります。

     

    そういえば、母親もいっつもいっつも

    家のどこかを片付けていました。

    「片付ける」というか既に乱れてもいないところを

    「片付け直して」いました。

    似ているのかな~と思ったりして。

    それを見ている吾輩。↓ ↓ ↓

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 第2回 木もれ陽勉強会は8月2日です。

    2015年07月28日(火)

    今週末は袖ケ浦市の神納モデルハウスにて

    第2回目となる「木もれ

    陽勉強会」を開催します。

     

    8月2日 (日)

    午前 10:30~11:30 座学を行います。

    座学と言っても、かしこまらず「なるほどなぁ・・」と聞いていただける

    内容です。 昔の家づくりと今の家づくり・・何がどう変わって

    どんな問題があるのかなど家づくりについて振り返ってみる1時間です。

     

    田舎に親戚がある方など、「昔」の家を体験したことのある方にも

    体験したことのない「今」の家しか知らない・・という方にも。

    本来あるべき家づくりについて考えられる時間となると思います。

    ・・・でも考え方は人それぞれ。

    別に押し付けなどしません。

    私たちが考えているものに「あ~そうだな。」と思われるか

    「いやいや、優先すべきはこっちだよ」と選択される方。

    いろんな人たちがいてこの世の中(この世の経済)賄えているので

    私たちはそのほんの一部。

    ほんの一部なのですが、家づくりを通してお伝えしたいことを

    「勉強会」という時間の中でお話できればと思っています。

    関心のある方、お待ちしています。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 風鈴と白い木柵扉

    2015年07月27日(月)

    週末は古民家リノベーションの現場でイベントだったので

    二日間行ってまいりました。

    一日目は「炭塗」

    二日目は「風鈴作り」

    夏休みともあって子供たちが「自由工作」のひとつとして

    課題をクリアするのにちょうど良かったみたいです^^

    「田舎」がたっぷり感じられるこの古民家は

    子供たちの記憶に残ったかしら・・・

    古民家の畑専用の出入り口には

    斎藤大工が手の込んだ取っ手を作ってくれました。

    子供でなくても、この扉をみたら思わず開けてしまいたくなる

    そんな扉。

    子供の頃、こうやって開ける扉が家の敷地の

    入口だったら良かったのにといつも思っていました。

    どこからでも入ってこれるノーガードな家で育った私には

    囲まれている家っていうのがなんか安心します。

    ・・広い敷地で囲まれてる・・・っていうのがね。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 防蟻剤ヘルスコ・キュアを塗りました

    2015年07月25日(土)

    今日は市原市にあります古民家を会場とするイベントで

    「防蟻剤 ヘルスコ・キュア」という炭でできた塗料を

    母屋の土台、柱に塗る体験会を開催しました。

    家を建てるとき必ず使う防蟻剤ですが

    よく見るのは柱の1/3くらいがオレンジ色になったもの・・・

    ヘルスコ・キュアは炭なので色はもちろん真っ黒。

    そして香りは自然のものなので粉っぽいというか

    こおばしいような香りでちっとも気になりません。

    自分たちでも塗れるので、家の土台にしっかりと

    気が済むまで塗っていいかと思います。

    現に作業していて炭を塗ったところには

    虫が来ません。

    「アリがUターンしてる!」と言っている人もいました。

    たまたま、この古民家の土台には「ヒバ」が使われていたので

    虫もつきにくかったと思いますがそこにこのヘルスコ・キュアを塗ったことで

    さらに防蟻効果も強まるかな?

     

    ・・・しかし、とにかく暑かった・・・

    夏は暑いのは当たり前だけど

    今の暑さは異常だな・・と感じずにはいられないですね。

    私たちが子供の頃は、もっと涼しかったし

    炎天下、一日遊べるくらいの気温だったもの。

     

    そう思うと、今の子供たちは楽しみ半減してしまっているような

    そんな風にも感じます。

     

    明日は親子で参加できる「風鈴作り」を古民家の

    屋根の下で行います。

    大型扇風機、設置してお待ちしています!

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 環境探し

    2015年07月24日(金)

     

    いつも見ている風景だけど

    のどかで空気がきれいで

    田んぼや畑もあって

    過ごしやすいところだなぁ市原市。。って思います。


    環境って大事ですね。

    家の外観や中は自分達でどうにでもできるけど

    環境ばかりはいつどう変わるかわからないし

    隣に何が建つのかわからないエリアもあります。

    大きな木や広~い田んぼが眺められる場所っていったら

    自分の手で作れはしませんから既にある環境任せ。

    環境から住む場所を探さなくちゃ。

    できるだけ、この先も変わらないでいてくれる場所を

    探すのが私は優先。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • お休みの日

    2015年07月22日(水)

    今朝はモーニングには出かけずに

    部屋で普通のモーニングコーヒーです。

    あまり日差しが入ると暑いしまぶしいので

    少しだけシャッターをあけてちょっと薄暗いけど

    落ち着きます。

    私がぼーーーーーーっとしてると

    猫もぼーーーーーーーーーーとしてる。

    そんな幸せな時間であります。

     

    今日はこのあと(ぼーーーとしたあと)、今年行く夏山の

    ルートの再確認とスケジュールの調整をします。

    多分、そんなついでに秋の山もチェックすると

    思います。

     

    では、また明日。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • ジャンクに思い出を

    2015年07月21日(火)

    ガラクタとか言われちゃう「ジャンク」なインテリア。

    意味はガラクタでも、お値段的にはその反対で高価なものも結構あります。

    よくアンティークやジャンク商品を「米軍払い下げ」で仕入れをしている

    業者さんがフリマとか出店されたりしていますよね。。

    私はジャンクもアンティークも関係なく、子どものころから

    なんとなく古っぽいモノが好きでした。

    「鍵」 や「空き缶」 「空き瓶」形がよくて、薄汚れたものを

    拾ってきて洗ってとっておく・・・よくやりました。

    長い間、雨風に打たれたもの、海に漂ったもの

    石にぶつかって角が取れたもの・・

    人が愛着を持って使いこんだものは

    何か説明しようのない味わいがあると思います。

    だから惹かれるんでしょうが・・・

     

    最近になって、日本の昔の家具(茶箪笥やちゃぶ台、カップボード)などが

    注目されているのも同じですね。

    みんな昔に帰りたいのかなぁ・・・

    私もそうだけど・・・「あの頃はよかったな」っていう時代が

    心の中にあるんでしょうね。

    これから家を建てる人、家族をもって1代を築いていく人、

    家や家具に永年の思い出を残そうって考えますか?

     

    新築して買ったそのソファー、

    ダイニングテーブル、カップボード・・・カーテン。。。

    思い出が刻まれるような素材で出来ていますか?

    それとは逆に、傷や汚れが目に付きストレスを感じて

    上塗りをしたり、新しいものに変えたりする素材ですか?

     

    安くて飛びつきたくなるような、

    安くても高級感があるような

    特に素材にはこだわらない手頃なものでも

    捨てるときにいくらか払って処分すれば

    安い買い物ではありません。

    永く使えるものは何か、古くなっても素敵なものは何か

    「素材を吟味」して愛着の持てる家具、ジャンクと呼ばれるまで

    使える家具を選びましょう。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • そんなに明るい部屋必要ですか?

    2015年07月20日(月)

    家の灯りですが、

    天井付けのぱ~~っと明るくなるような照明っていうのは

    シンプルモダンな家には良いかと思いますが

    木もれ陽物語のような素朴で手作り感のある家には

    正直言って合わないなと思います。

    どこでも、どんなシーンでも明るくなりすぎるのは

    どうなんでしょう?

    そのスペースで必要な明るさが保たれていれば

    よいのであって、「雰囲気」も感じない明るさは

    つまらないです。

    廊下だって・・・

    ユーティリティーだって

    トイレだって・・・

    ぴか~ん!と眩しいほどの明るさって必要ですか?

    目の高さや使い勝手に不便がない明るさを考えれば

    照明器具選びももっと楽しめるし、節電だってできると思います。

    家は、ゆっくり神経を休める場所でもあるので

    夜、あっちもこっちも電気つけまくっているよりは

    気持ちが穏やかになるような色味で、必要な分の

    照明をつける・・・とい暮らし方も見直したほうがいいなと思います。

    勾配天井に電球取り替えるのが大変になるほど高い位置の照明を

    つける必要もなく、そのかわりに壁の照明をつけるとか

    廊下や寝室も、天井につけずに壁付けのブラケットをつけて

    下方の灯りを優先するとか・・・

    そうすると長い目でみたとき、ストレスもないし

    日々のお掃除もしやすいし、ちょっと落ち着いた明るさの中で過ごす

    時間も家族にとって良い時間となるのではないでしょうか?

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 家に名前をつけるとしたら

    2015年07月19日(日)

    そういえば、スイスやイギリスでは「家」に名前をつけると聞きます。

    日本では住んでいる人の名前へを表札としてかけますが

    スイスやイギリスでは「家」の名前が住所といっしょにかけられるんだそうです。

    家の壁でなくてもいいわけで・・・

    個性様々ですね。

    ずっとつかう家の名前だから、その家らしいものを

    考えてつけるんでしょう。。。

    郵便屋さんが配達に来るときは○○さんち・・というより

    「○○番地の○○ハウス」って考えながら来ると思うと

    素敵な習慣だな~と思います。

    日本で言えば「屋号」でしょ?

    あと家紋。

    でも和風の佇まいの家なら家紋を付けるのもかっこいいけど

    かわいい外観の家になると厳しいですね。

    家紋でなくて、屋号でなくて

    自分達で家に名前をつければいいんじゃないか??

    門扉でもいいし、アプローチの入口でもいいし

    外壁にアイアンでつけてもいいし・・・

    それが家に対して愛着をもつきっかけにもなると思うなぁ。

    代々、子供や孫からも

    お父さんやお母さんが住んだ家・・

    おじいちゃんやおばあちゃんが住んだ家・・・

    っていう風に受け継いでもらうときには「家」が「家族」になっているんじゃないかなと

    思います。

    私の家に名前を付けるとしたら・・と考えたら

    ワクワクしますよね。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

     

  • 次の10件