木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • 庭のアプローチ

    2015年06月29日(月)

    木陰は涼しい一日でしたが、皆様いかがお過ごしですか?

    木もれ陽の庭でバラの2番花が咲き始めたので

    是非遊びに来てください。

    お庭に入るアプローチ・・といっても3歩くらいだけど

    クラピアが絨毯になっています。

    踏んでも踏んでも枯れません。そしてかわいい小花まで咲かせています。

    ね。クラピアのちっちゃいお花。かわいいでしょ。

    この時季のお花と言ったら「カラー」

    白が有名だけどこの色も素敵です。今年は背が高くなって咲きました。

    同じ緑でも色々あります。グラデーションが素敵です。

    こちらはチョコレートコスモス。

    小さくて濃い赤茶色。

    でもチョコレートの香りはしませんよ。

    疋田さんが挿し木した多肉ちゃんが花を咲かせています!

    サボテン系の花、花びらがチロチロしてる。

    すっごくかわいいのです。

    この多肉は玄関⇒の足元にいますよ。

    春も夏もやっぱり緑が青々としているっていいなと思いますね。

    小さい庭だけど360°いろんな植物が育っています。

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 古民家リノベーション工事

    2015年06月28日(日)

    昨日は今、リノベーション真っ最中の現場へ行ってきました。

    ちょうど一年前に出会った古民家です。

    この工事の内容はこちらでも書いています

    今はようやく母屋のメイン工事。

    これまで広い敷地の片付けやハウスの撤去、

    母屋や離れの荷物片付け、離れの解体を行ってきました。

    先日、市原保健所へ行ってカフェレストランにする場合の

    注意事項等伺い、それに従っておおまかな間取りを考えたので

    現場で斎藤大工と照らし合わせをしてきたのです。

    また古民家ブログでも進捗お知らせしていくので

    よかったらみてください。

     

    壁を撤去してあらわになった部分で私のお気に入りの場所を発見しました。

    見てすぐに「この場所はこうしたい!」というのが浮かんだ場所。

    北側ですが紅葉と栗の樹のそばで良い空間です。

    どうするかはまだ秘密ですが

    きちんと形になりそうだということがわかったら

    またご紹介します。

     

    ・・そういえば今年この現場であまり蚊にさされてないなぁ。

    去年は大変でしたが(^_^;)

    助かりますm(_ _)m

     

    この古民家でも定期的にイベントを開催しています。

    大工さんと一緒に木工をしたり雑貨の移動販売をしたり。。

    ちなみに7月は母屋の炭塗り体験。

    防蟻剤である真っ黒な炭(液体)を母屋の土台、柱に塗ります。

    自然素材の炭の香り、塗りながら体感してみてください。

    イベントはまた詳しくお知らせします!

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 夏休み そういえば 子供のころ

    2015年06月26日(金)

    6月もあと4日。

    来月はもう学校の夏休みも始まり気持ちもそわそわですね。

    今年の夏休みは何をするのかな?

    私の小学校一年生の頃の夏休みは

    朝、友達とラジオ体操に出かけて

    六年生のお姉さんに遊んでもらい

    ラジオ体操が終わったら家に帰って

    お母さんの洗濯の手伝い。

    田舎の古い家で玄関といわれる場所が三ヶ所も

    あったのでそこの掃き掃除。

    縁側の犬走りも掃き掃除。

    それが終わったら部屋に上がって縁側の涼しいところで宿題。

    「夏休みの友」をやります。

    そしてまだ、1日始まったばかりなのに絵日記を書きます。

    まだ1日始まったばかりなので、書くことは昨夜の出来事が多かったです。

    湯上りに散歩して蛍を連れて帰ったことや

    花火をやったことなどなど。

    母は「朝の涼しいうちに宿題やりなさい」とか

    「朝の涼しいときに本を読みなさい」とか言いながらも

    その三ヶ所ある玄関の掃除や洗濯の手伝い、井戸周りの掃除など

    結構指示が多くて、今考えると朝の涼しいうちはあっというまに過ぎていました。

     

    絵日記まで終わらせてしまえば夕方早く帰ってきて

    また宿題をやる時間をとらなくてもいいと思っていたんですね〜

    川で遊んだり、幼なじみの友達のおばあちゃんについて行って

    高台の畑で一緒にお昼やおやつを食べたり。。

    夕方は日が暮れるまでしっかり遊びたかった私の作戦でした・・・。

     

    あとは、誰もいない校庭に行って鉄棒をずっとやって

    キュロットスカートを1日で切ってしまったり。

    帰りに農協の紅葉の木の根元でひたすらカブトムシを探したり・・・

    あぁ懐かしい・・今でも思い出すと鮮明に蘇ってきます。

     

    いま思うと、お手伝いはしっかりやらされたけど

    毎日のきちんとした生活習慣の中に子供なりの自由な時間があって

    幸せな時代でした。

    今の時代の子供達、どうやって過ごしてるんでしょう?

    ちょっぴり気になります。

    習慣を変えるのは難しいけど夏休み前にしっかり家族で

    話し合って目標立てられるといいですね。

    大人になって何を思えるかわかりませんが、「子供のころの夏休み」の体験が

    情緒的な思い出になるといいなと思います。

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

    ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

     

  • 花の種子から作られる塗料

    2015年06月25日(木)

    ジリジリ暑いですね・・・夏に向けてこの暑さになれておかないと・・・

    今日は「アマニ油」のお話でしたね。

     

    亜麻仁油(アマニユ)ですがこの花は意外にもとてもかわいらしくて

    「水色」なんです。

    こんなかわいらしい花から自然塗料に使う「油」がとれるなんて想像しにくいと

    思いますが、この亜麻仁の種子を圧搾して得たものが「亜麻仁油」に

    なります。

    日本で栽培するには北海道が最適地のようです。

    亜麻仁だけで自然塗料ができるわけではなく

    色を出すために天然鉱物を混ぜたりして作られています。

    浸透性の強い自然塗料となって木に染み込み木を守るんですね。

    スイス漆喰もそうですが木もれ陽物語で使う塗料は

    自然健康塗料と言われていて

    この亜麻仁油から始まる塗料のように

    人間の体にも、木そのものにも害のない成分が使われています。

     

    先日の木もれ陽勉強会では自然健康塗料と言われるものと

    そうでない塗料の匂いを嗅いで違いを感じて頂きました。

    私もザッカフェのスタッフもイベントやDIYの度に塗料を使いますが

    亜麻仁油成分から作られる塗料はほんのり柑橘系のいい香りで

    作業していても嫌な気分になりません。

    家を作っていく過程でたくさん使うものだから

    安心できるものを選んで使いたいですね。

    また、ちょっとしたDIYをするにも

    こうした材料を知っておくといいなと思います。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • くすんだ木部が蘇る「クノス」

    2015年06月23日(火)

    今日は自然素材でできている木部用オイル「クノス」について

    ちょっとお話します。

    昨日ブログに書いたデッキみがきの続きです。

    作ってから5年くらい経った木製ベンチが

    つやつやになった理由は、このクノスだったりエゴマ油だったという事で

    木部のツヤツヤ仕上げには抜群の効果を発揮するこの「クノス」を

    ご紹介します。

     

    成分は「アマニオイル」オレンジオイル・パインオイル・ローズマリーオイルなどなど。

    天然成分が主です。

    アマニ油は昔、投薬としてミイラ造りの植物油として使われたということを聞きました。

    要は防腐性が高いという事ですね。

    オレンジ・パイン・ローズマリーと知っている植物成分として入っています。

    リボス社が作る塗料やオイルは、リボス社の経営理念として

    「健康に害のある成分は、天然物でも使用しない」というコンセプトを貫いており、

    テレピン油・バルサムテレピンなどは使用せず、柑橘類オイル(シトラス等)も

    量を制限(全量の3%以下)、 皮膚障害(強溶解性)を避けて製造されているため子供たちの玩具にも

    安心して使うことができます。

    (汗や唾液に対する色彩堅牢性について正式にドイツの工業規格に適合しています)

    撥水効果プラスほのかな艶が得られ、「ちょっと色あせてるな・・・」と思った家具や

    デッキ、ベンチ、柱などに最適かと思います。

    木によって色の具合も変化してお部屋の中も雰囲気が良くなると思いますよ!

     

    使い方をきちんと理解してから、使ってみてください。

    先日の木もれ陽勉強会でも学んだDIYの心得で

    「よく読め!そしてよく知れ!」ということを学びました。

    とかく女性は「説明書」が苦手。

    箱を開けたらすぐ使ってしまったり、なんとなく素人判断で使い始めてしまいます。

    ・・・・が、それがとても危険なことになる場合もあります。

    自然塗料やオイルのこの「クノス」も、きちんと守らなければいけないことがありますからね。

     

    例えば、「オイルに含まれるアマニ油の為に自然発火が生じる危険」。

    これはオイルがけに使用したウエス(布)が光や酸素を吸収し酸化作用が進むことによって

    発火しやすくなる可能性があるからです。

    なので、水に濡らした状態で別の容器に入れ処分することが大事ですよ!とか。。。

    もちろん、クノス自体が自然発火することはありません。

    きちんと使い方、処分の仕方を把握して使っていけば問題はないんです。

     

    私もモノによると、多分こうだろう・・と思い込み道具を組み立てたりしてしまう方。。。

    とても反省、勉強しました。

     

    家に色あせたデッキや木製のフェンス、家具がある方は

    表面の汚れを(トレナを使って)とってからこのクノスを

    塗ってみてください。

    見違えると思います!

     

    クノスの成分である「アマニ油」

    自然素材の塗料関係ではよく使われています。

    亜麻色は知ってるけどアマニ油は知らない??という方もいらっしゃると思いますので

    次は、アマニ油についてお話しましょう。

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • あの木製ベンチが変わりました

    2015年06月22日(月)

    こんにちは。

    昨日の続きです。

    スイス漆喰DIYの実技途中、一生懸命漆喰やコテと格闘する

    参加者さんのとなりで、違う作業を始めたイケダコーポレーションの田畑さん。

    ↑ ↑ これは木もれ陽物語モデルハウス、テラスにある木製ベンチなのですが

    この木の状態・・・ご覧のとおりかなり疲れています。

    完成当初から数年経ち、焦たところに汚れもついています。

    田畑さんが「このベンチを変えます!」と持ち出したのは

    自然素材(ソープナッツエキスベルガモットオイル)で

    作られている「トレナ」でした。

    嫌な匂いは全くしません。むしろいい香り。

    これで木製ベンチを亀の子タワシでガンガン磨き始めました。

    汗だっくだくになって磨いていると、緑色の汚れが浮きだってきました(;_;)

    黒緑っぽいのがおわかり頂けるかな?

    しばらく磨き、水で流して、また磨き・・・を繰り返したら

    乾かして。。。

    この二つを染みこませるように塗っていきます。

    「クノス」と「えごま油」です。

    木にしっかり染み込み乾燥を防ぎます。

    人間で言うと肌の汚れをよく落としたあと

    美容液をつけている感じでしょうか??

    木も肌も同じです。

    ほんのりごまの香りがして、不思議な感じですが

    木はビフォーと打って変わってこの通り↓↓

    節目もしっかりと色艶を感じさせています。

    経年で現れるかっこいい「味」と今磨き上げて

    油分を吸い込んだ光沢がとにかくびっくりする程、木を生き生きと

    蘇らせています。

    一目瞭然ですね。

    木が喜んでいます。

    漆喰DIY中だった皆さんが壁を完成させた頃、ちょうどベンチも

    座れるようになったので田畑さんから違いをレクチャーして

    頂きました。

    次回の勉強会のテーマである「無垢の木のある暮らし方・始め方」に

    ちょっと触れられた貴重な時間でした。

    磨き上げに使用した「クノス」についてはまた次回、書く事にします。

     

    では、今日はこの辺で。

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • スイス漆喰DIY 8回連続コテ返し!

    2015年06月21日(日)

    「コテ返し!連続8回できるまで!」の練習です!

     

    手首をすぅ~っと返してコテの上に漆喰をのせます。

     

    ・・・が以外に難しいです。連続8回できるようになるまで

     

    田畑さんがひたすら「コテ返し!!」と叫びます^^

     

    もちろん7回できても、8回できなきゃ最初からです(;´д`)

     

    左官職人さんに頭が下がりますね。。。

     

    この利き腕一本で家中の壁を塗ってくれているんですから・・・

     

    田畑さんが⇒へ←へとコテをなめらかに滑らせます。

     

    均一の厚みで塗るのは難しいし途中、ぼてっと漆喰が落ちてしまうときも

     

    あります。

     

    でも、じゃりっとした音がなんとも心地よくて癖になるんですね、これがまた。

     

    ボード3枚しっかり塗りました。

     

    コテの使い方も色々教わりました。

     

    日本風にコテあとを残す塗り方やヨーロッパでオーソドックスな

     

    コテあとのない塗り方、両方やりました。

     

    ここまで体験すると、今度自分たちでやってみよう!と思ったときに

     

    どんな感じでいくか選ぶ事もできます。

    ひんやりしたスイス漆喰を体感しましたね。

     

    昨日みたいに暑い日の外壁、スイス漆喰の壁は遮熱性が高いので

     

    触ってみるとひんやりしています。

     

    お客様もびっくりしていました。

     

     

     

    そうそう。あの子供好きな田畑さんは養生の練習中、

     

    K君を呼んでこんな風にぐるぐる巻きにしたりして

    ちびっこには「不思議な背高のっぽ」さんに思われたと

     

    思います。

     

    そして、またまた田畑さんは神納モデルハウスのテラスにある

     

    木製ベンチに目をつけて、何やら磨き始めました。

     

    お昼に買い物に行ってきます!と突然出かけて「えごま油」を

     

    買ってきたと思ったら・・・・

     

    汗だくになって磨く理由がわかりました。

     

     

    また長くなってしまいました。。

     

    あまり長いブログは好きではないので、続きは明日に致しましょう。

     

    とにかくスイス漆喰DIYは参加くださった皆さんも「とってもいい体験できました」と

     

    喜んでいただき嬉しい限りです。

     

     

    次回の木もれ陽勉強会は同じ内容で「千葉市エリア限定」開催です。

     

    日程は決まり次第お知らせしますが「予定が合えば参加したい!」という方は

     

    早めでもお知らせくださると助かります。

     

    (定員予約制になりますm(_ _)m)

     

    では、二日目のハンドメイド作品と田畑さんのおまけレクチャーは

     

    明日またお話します!

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 木もれ陽勉強会 第1回終了しました。

    2015年06月20日(土)

    こんにちは!

     

    今日はお天気に恵まれシノスタイルのイベント初日はみんなでワイワイ楽しく

     

    「家づくり」「自然素材」について勉強したりDIYができました。

     

    イケダコーポレーションの田畑さんのお話、漆喰左官の実演などとても個性豊かなので

     

    今頃、参加くださったみなさんは食卓を囲みながらあの「田畑さん」について

     

    盛り上がっているのではないでしょうか^^

     

    午前の部、「昔の家と今の家」についてのお話では

     

    日本の昔からの家づくりがどうであったか、今の家づくりはどこを見て

     

    (どこをアピールして)「売っている」か・・などお話をしました。

     

    ちびっこも参加してます!

     

    もちろんお話は難しくてわからないけど無垢の床がさらさらするので

     

    プロジェクターに影を写してごろ~んとしてました^^

     

    あの「田畑さん」に捕まっちゃったね^^

     

    田畑さんは子供好きなので勉強会が終わったらちびっこに

     

    遊んでもらっていましたよ。

     

    お天気が良い分、相当暑かったけど午後はこの

     

    スイス漆喰を実際に使って壁を塗っていきます。

     

    その前に室内でしっかりスイス漆喰について

     

    お話を聞きます。

    ところどころ田畑さんの悪ふざけも入って笑っちゃいました。

     

    まずは「養生!」

     

    「養生を制すものはDIYを制す!」田畑さんの後に

     

    続いてこれ3回声を出して言う!というある意味スパルタ養生です。

     

    そのくらい「養生」って大事なんです。

     

    今日参加された方は、きっと自宅で漆喰塗ろう!壁紙塗ろう!と思ったとき

     

    軽々と手際よく、しっかりとした養生ができると思います。

     

    そのくらい細かく丁寧に学びました。

     

    壁の角やスイッチ周り、床までの養生を覚えたらいよいよ漆喰を

     

    混ぜる作業です。

     

    初めてみる生の状態の「スイス漆喰」に

     

    「ジェラートみたい!」「カッテージチーズみたい!」

     

    「冷たかったら食べられそう!」「白さが眩しい!」と

     

    声が上がっていました。

     

    使うコテも本格的な道具ばかり。

     

    いろんな固さ、大きさ、形があります。

     

    今日はとことん「DIY!」です。

     

    ここから1時間30分くらいずっと左官特訓です。

     

    こんな大きいコテ!? 田畑さんのことだから

     

    笑わせるために持ってきたのかと思っていたけど

     

    これ、しっかり使いました。

     

    またまた壁の表情豊かな漆喰の壁、今日は内容濃すぎて

     

    まだまだ続きたいところですが、長くなってしまうので

     

    続きは明日にします。

     

    スイス漆喰を混ぜて、「コテ返し連続8回できるまで!」の

     

    練習から書く事にします。

     

    お勉強会以外でも木もれ陽物語の家づくり相談で

     

    色々お話させて頂きました。

     

    明日も引き続き、見学と相談会にあわせ

     

    ミニチュア雑貨販売やくるみとドライフラワーを使った

     

    雑貨屋さんのハンドメイド教室があります。

     

    午後4時まで自由に参加できますのでどうぞご来場ください。

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

     

     

     

     

  • 木もれ陽勉強会、明日開催です。

    2015年06月19日(金)

    こんにちは!

     

    明日はお天気も回復して晴れそう(^-^)良かったです。

     

    20日(土)座学と実技の「木もれ陽勉強会」ですが

     

    早々、こちらのHPやFBより参加希望のお電話を頂戴しております。

     

    ありがとうございます。

     

    今日はこれからモデルハウスで準備になりますが

     

    お子様連れの方も安心してご来場ください。

     

    座学でお子様がいらっしゃる方はソファーを優先的にお使い頂けますし

     

    ミニチェアも3脚あります。そばでお過ごし頂けます。

     

     

    午後13:00~の漆喰DIYにご参加のみなさま、

     

    漆喰を使いますので汚れても良い服装、またはエプロンなどご持参

     

    くださいませ!

     

    木もれ陽物語で使用するスイス漆喰の乾燥前の状態が見られる

     

    貴重な機会です。

     

    DIYをしながら漆喰のあれこれ、イケダコーポレーションの田畑先生に

     

    お気軽にご質問ください。

     

    途中からの参加も場合によっては大丈夫です。

     

    「ちょっとだけでも見てみたい!」

     

    「見学だけしたい」でも大丈夫です。

     

    家づくりについて考えていらっしゃる方はどうぞお出かけください。

     

    では!明日モデルハウスでお待ちしていますm(_ _)m

     

     

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村

  • 初めまして!シノスタイルです。

    2015年06月16日(火)

    初めまして。 藤平です。

     

    この度㈱ライフの建物シリーズ「木もれ陽物語」が

     

    自然素材の家を専門に取り扱う工務店㈱シノスタイルとしてオープンすることとなりました。

     

    2008年にデビューした「自然素材の家 木もれ陽物語」は

     

    これまでたくさんのみなさまからご相談を頂きプランニングからお引渡しを

     

    させて頂いたお施主様の家はまさに「世界にひとつ」の個性にあふれたお住まいと

     

    なっています。

     

    大工さん、塗装職人さん、左官職人さん・・それぞれ部門ごとにじっくりと

     

    時間をかけひとつの家を創るため、時間がかかり建築をお待たせしてしまう

     

    こともありました。 そのような中、以前より専門工務店として木もれ陽物語の

     

    窓口を設け、お施主様も参加したチームとしての家づくりができればという

     

    かねてからの願いが叶い、この度同じ市原市に事務所を構えみなさまの直接窓口として

     

    体制を整えております。スイス漆喰や無垢の木、自然健康塗料を使った自然素材の家、

     

    また私達と職人さんと一緒に自分たちの暮らし方についてじっくり話し合い

     

    長い目で見た「自分らしい暮らし」ご提案できるよう努力して参ります。

     

    これまで木もれ陽物語についてのご相談は㈱ライフのモデルハウス、 分譲地などで

     

    お会いしたみなさまと、お話させていただいておりました。

     

    窓口は、これまで通りライフでも、シノスタイルでもお受け致します。

     

    もし土地も一緒に探して欲しい・・・という事でも 一緒に探していきますので大丈夫です。

     

    木もれ陽物語のお打ち合わせ、現場進行はモデルハウス、シノスタイル事務所、

     

    建築現場で行っていきます。

     

    これまで以上に、木もれ陽物語で建築を頂くみなさまには

     

    「自分がどう暮らしたいかを考え、現場ではしっかり自分の家の事を知り

     

    スイス漆喰や無垢の木との暮らしを心豊かなもの」となるようご提案させて頂くと共に、

     

    家づくりに対してみんなでチームとなり 協力し合い家づくりという物語の始まりを

     

    すてきな一歩とできるようお話させて頂いております。

     

    今回、専門工務店としてオープンするにあたり袖ケ浦市神納の木もれ陽物語モデルハウスで

     

    「家づくりのお勉強会」を開催することになりました。  

     

     

           (午前)  第1回目は、座学「昔の家と今の家」  

     

            昔の家にはなかった「今の家」の問題点

       「住む人の為の工夫で溢れた昔の家」と「建てる会社のための工夫で溢れた今の家」を

        プロジェクターを使用してお話します。

           

           (午後) 楽しい実技 「日本一詳しいスイス漆喰のお話とDIY体験」          

     

               スイス漆喰の歴史、素材について、メンテナンスについて          

     

              実際に自分で塗るときの養生の仕方から、ボードにコテを使って          

     

              塗る体験をしていただきます。      

     

    午前の部、午後の部のどちらかひとつでも参加は自由です。(参加費無料)   

     

    オープンにあたりスイス漆喰の輸入元であるイケダコーポレーション田畑さんが

     

    お話をしてくださいます。

     

    時にソフト、時にクールでリアルな表現が魅力的な田畑さんは、漆喰左官も職人並。

     

    この家づくり勉強会に参加したら、家のDIYも一人で養生~仕上げまでできるようになるでしょう!

     

    定期で第2回は「無垢の木」についてのお勉強会へ進みます。

     

    是非、続けてご参加ください。

     

    長くなりましたが、自然素材の家を選ばれるみなさまが

     

    「木もれ陽物語」に暮らして幸せだ!と思って頂けるよう頑張ります。

     

    どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

     

     

                                         代表 藤平

     

     

     

    ⇒木もれ陽物語のモデルハウス(見学予約制)

    brog

     

    ↓ランキングに参加しています。クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ にほんブログ村