木もれ陽物語

木もれ陽物語の家は、ココロとカラダの健康を目的にした「自分らしく暮らす」施主参加型の家づくりです。

  • 土地探しは暮らす場所探し

    2018年01月17日(水)

    家の窓際で、静かに外を眺められる時間・・・・。

     

     

     

    欲しいですね。

     

     

    緑を眺めて、目も心も癒したいし

     

     

     

    ふっと呼吸を整えたい・・・。

     

     

     

    自然のものや素材には、五感を通して感じることができる魔法が

     

     

     

    あるような気がします。

     

     

     

    私は、人が求めるものは、最終的には「自然」だと思って日々過ごしています。

     

     

     

    それは仕事の中でも自分のこれからの暮らしのテーマでもあります。

     

     

     

    自然素材の良さをお伝えしてはいますが、「環境」という面で言えば

     

     

     

    土地を探すとき。。。暮らす場所を探すときは「自然」がキーワードになってくる。

     

     

     

    ・・もうキーワードになってるけれど重要視されていない・・と感じています。

     

     

     

     

     

    暮らす場所に何を求めますか?

     

     

     

     

     

     

     

    シノスタイル 暮らし・はぐくむ・家づくりのわ「シノ・ファミーユ会員募集中」

    詳しくはこちらのページをご覧ください!

     

     

     

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 土地を考える⑦ 都市計画その5 -アオキ-

    2018年01月16日(火)

    アオキです。

     

    漬け物大好きとblogでお話ししてから、フジヒラさんが漬け物を買ってきてくれました。

    これは嬉しい。昔からご飯には汁物と漬け物がないと満足しないので、ちょっとずつ頂いています。

     

    さて絶賛連載中の土地について考える。今回で第7弾です。

    都市計画。前回までは都市計画の調べ方を勉強しました。

    市街化区域と市街化調整区域。以外と身近で線引きされているのがわかると思います。

     

    今回は区域毎の特性について勉強していきます。

     

    まずは市街化区域。前々回からお話ししているとおり、市街化区域はこれからも発展させていこうとするエリアです。つまりは家や施設を建てて、さらに開発を進めようとするエリアになります。

     

    そこで登場するのが「用途地域」という分け方。

    これは簡単に言うと、開発を進める市街化区域のなかで、そこで建ててOKな家や施設の”種類”をエリア毎に取り決めするものです。大きく3つに分けられます。

    1. 住居系の土地利用を行う地域
    2. 商業系の土地利用を行う地域
    3. 工業系の土地利用を行う地域

    このように、住居と商業と産業の建設を分けることによって、各々生活しやすい環境を守っているのです。

     

    これがないとどうなるでしょうか??

    一般住宅の隣に大きい工場、住宅分譲地に50回建てのビル、

    工場地帯の中に大型ショッピングセンターなどなど、

    それぞれが生活しにくい街になってしまいますよね??

     

    大元の考え方である、「多くの人が気持ちよく暮らすために」。

    これを達成するために、それぞれを分けているんですね。

     

    それでは次回、もう少し突っ込んで勉強していきましょう。

     

     

    1月25日木曜日10:00~12:00まで家づくり勉強会を開催します。
    ぜひご参加ください!

    参加予約はこちら↓

     

    シノスタイル 暮らし・はぐくむ・家づくりのわ「シノ・ファミーユ会員募集中」

    詳しくはこちらのページをご覧ください!↓

    ↓LINE@始めました。

    友だち追加

    ↓インスタ始めました。

    ↓輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ↓ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 1/25イベント参加者募集中

    2018年01月15日(月)

    家づくり勉強会開催のお知らせです!

     

     

    ただ今、参加者募集中!

     

     

     

    平日10時~12時頃までの短い時間ですが

     

     

     

    今回のお題は「無垢の木のお手入れ:傷の直し方やコップなどでついた輪ジミの取り方」

     

     

     

    を覚えましょう!

     

     

     

    無垢床は憧れるけど、傷がついたら気になっちゃうかな・・・とか

     

     

     

    無垢家具は雰囲気いいけど、色々食器の輪ジミなんてついて

     

     

     

    カッコ悪くないかな??など日常生活において感じる「気になること」を

     

     

     

    この勉強会を通して解決していきましょう!

     

     

     

     

    女性お一人でのご参加大歓迎!

     

     

     

    5~6人の少人数制ですので、お気軽にご参加ください。

     

     

     

    実際に無垢の傷を直してみたり、磨きをかけたりして

     

     

     

    実地をすれば、安心だし楽しいですよ!

     

     

     

    お友達も誘って是非、いらしてください!

     

     

    参加ご希望の方はHP トップにございます「勉強会参加者募集」の

     

     

    サムネイルよりお申し込みください!

     

     

     

     

     

     

    シノスタイル 暮らし・はぐくむ・家づくりのわ「シノ・ファミーユ会員募集中」

    詳しくはこちらのページをご覧ください!

     

     

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 土地を考える⑥ 都市計画その3 -アオキ-

    2018年01月14日(日)

    アオキです。

     

    冷え込んでますね。

    アオキは電車通勤なのですが、電車を待つホームはなんであんなに寒いのでしょうか。。。3分くらいの乗り合わせでもかなり厳しいです。。。

    春まで頑張っていきましょう。

     

    さてさて絶賛連載中の土地を考える。今回で第6弾です。

    都市計画の続き。みんなが快適に暮らせるよう定めている都市計画。

     

    その大元となるルール。市街化区域と市街化調整区域。

    これからも街を発展させていくエリア=市街化区域

    建築を抑制し、緑や農業等の産業発展を守るエリア=市街化調整区域

    このように分けることによって、都市計画を進めています。

     

    さてこの区域。誰でもどなたでも簡単に調べられるのをご存じでしょうか?

     

    でこで調べるかというと「市役所ホームページ」です。ここは市原市になりますので、市原市役所を例にご説明します。

     

    ”いちはらマップ”と検索してみてください。

     

    一番上に出てくると思いますので、これを開くと、お話ししている都市計画図が見れる他、揺れやすさや液状化危険度など、色々市原市の事が地図上で見ることができます。

     

    スマホでも対応しています。

     

    それでは都市計画図をクリックすると、地図が出てきます。

    こんなカラフルな地図が出てくると思います。

    ここで左上の望遠鏡マークをクリックしてみると、住所からエリアを指定できます。

     

    今回はグループ会社の(株)ライフの社屋がある五井中央東を見てみましょう。

     

    住所検索でたどり着いたら、調べたいところをクリックすると、画面中央のようなボックス表示が出てきますので、レイヤ:市街化区域と選ぶと、このような表示になります。

     

    この緑で着色されているのが、実は市街化区域、何もない着色がない所が市街化調整区域になります。

     

    実際にご自宅や気になっている土地をがあったらこのようにすると直ぐに調べることができます。是非やってみてください。

     

    さて次回は、区域毎の特性を勉強していこうと思います。

    1月25日木曜日10:00~12:00まで家づくり勉強会を開催します。
    ぜひご参加ください!

     

    シノスタイル 暮らし・はぐくむ・家づくりのわ「シノ・ファミーユ会員募集中」

    詳しくはこちらのページをご覧ください!

     

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

     

     

     

     

  • 花粉の時期に多い悩み

    2018年01月13日(土)

    ひのきの花粉が既に飛散し始めているようですが

     

     

    皆様、症状は出ていらっしゃいませんか?

     

     

     

    花粉のアレルギー反応なのに、風邪をひいたようにだるかったり

     

     

     

    熱っぽかったり、のどが痛くなったりと症状も目や鼻だけでは

     

     

     

    ないようですのでお大事にしてください。

     

     

     

    花粉症と聞くと途端に洗濯物を外に干すのも嫌ですし

     

     

     

    おふとんも外干しは花粉をくつけるだけ・・・と室内で乾燥機をして

     

     

     

    手入れをする方が増えました。

     

     

     

    思い切り外に干した洗濯物もおふとんもとても気持ち良いのですが

     

     

     

    既に部屋干しの時代でございます・・・。

     

     

     

    かといって、お部屋に干すと言っても専用の場所は少ないので

     

     

     

    リビングなど見えるところにやらざるを得ず・・・主婦の皆さんは

     

     

     

    室内の見ためが気になるところです。

     

    写真のように洗濯物を干せる専用の部屋を設けて

     

     

    リビングではストレスなくくつろげるように・・・

     

     

    洗濯物が乾いたらその場で次々たたんで運べるようにしたら

     

     

    とても便利ですよ!

     

     

    家族用のカゴを用意して、各自が自分の洗濯物は自分でクローゼットへ

     

     

    持って行ってくれたら・・お母さんは助かりますね。

     

     

     

    シノスタイル 暮らし・はぐくむ・家づくりのわ「シノ・ファミーユ会員募集中」

    詳しくはこちらのページをご覧ください!

     

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 土地を考える⑤ 都市計画その2 -アオキ- 

    2018年01月12日(金)

    アオキです。

     

    朝の冷え込みが一層厳しくなりました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

    スーパーへ行くと、どうしても漬け物コーナーが大好きで必ず寄ってしまいます。

    色々悩んだあげく、やっぱりいつもの新生姜を手に取ってしまいます。

    予めカットしたタイプが出たのに、なかなか置いていなくて残念です。

     

    さてさて絶賛連載中の土地を考える。今回で第5弾です。

    前回からの続き、不動産を見るにあたってとっても重要な都市計画。

    その「規制=ルール」について勉強していきます。

     

    様々なルールはあるなか、その基本となるのが、

    「市街化区域」と「市街化調整区域」です。

    この二つが大元となり、様々ルールが決められています。

     

    では、それぞれの定義を見てみましょう。

    「市街化区域」…

    すでに市街地を形成している区域およびおおむね 10年以内に優先的かつ計画的に市街化をはかるべき区域 (都市計画法7条2項) 。市街化調整区域に対するもの。無秩序な市街化を防止し,計画的な市街化をはかるために,両者を区分したもの 。市街化区域には,用途地域が定められ,公共投資が優先的に行われるなど,その区域内の都市化がはかられる。

    「市街化調整区域」

    都市計画法7条によって定められることとなった都市計画区域の一つで,市街化を抑制すべき区域市街化区域に対するもので,この区域内では原則的に宅地造成などの開発行為が禁じられ (都市計画法 34) ,市街化を抑制することとしている。

     

    またまた難しい言葉で書いてありますが、簡単にまとめると、

    「市街化区域=これから街を発展させる場所」と

    「市街化調整区域=景観や農業などの産業を守るために、家を建てることを規制する場所」

    を都市内で線引きして、下記の考えを実現しようとするものです。

    ※前回の内容より抜粋:都市計画とは、、、

    「多くの人が気持ちよく暮らすために、土地の使い方や建物の建て方にルールを決めて、道路や公園など生活に必要な施設を整備することや、川や森などの自然を残していく。このようなことを定めて、実現していくこと」

     

    では、市街化区域と市街化調整区域。どうやってわかるの??

    実はこれ、だれでも直ぐ見れるんです。えっ!スマホでも!

     

    その見方は次回!

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

     

     

     

  • 感じられる余裕

    2018年01月11日(木)

    少しずつお正月気分から普通の日常に戻ってきました。

     

     

     

    青木さんのブログで「漬物コーナーが大好き」とありましたが

     

     

     

    ふと京都 西利の漬物屋さんでおつかいしてもらったら

     

     

     

    どんな行動をするのか・・・漬物試食天国で彼は

     

     

     

    どう舞い上がるのかを観察したくなりました^^

     

     

     

     

     

    寒い冬、それなりにいろいろ行事があり

     

     

     

    節分までももう20日ほど・・・まさに諸々節目のときでございます。

     

     

     

    受験シーズンでもありますので

     

     

     

    流行りのインフルエンザなどかからないように

     

     

     

    胃腸を休めたり、睡眠をしっかりとったりしましょうね。

     

     

     

    毎年、寒さを耐えるのはつらいことですが

     

     

     

    その分、春が来るのが待ち遠しく小さな春のおとずれに

     

     

     

    感動できるのだと思います。

     

     

     

    人生の中の寒い冬も数えてみれば僅かな回数。

     

     

     

    冬は冬の楽しい過ごし方を考えてみるもの良いかと思います。

     

     

     

    私の場合はぬくぬく心地よい自宅で外の寒い景色を

     

     

     

    ぼんやり眺める幸福感。

     

     

     

    また逆に防寒対策をしっかりして外気に立ち向かうときの

     

     

     

    きりっと引き締まる感じ・・・両方が好きです。

     

     

     

     

    小さな楽しみが日々の暮らしにありますように・・・

     

     

    そう感じられる余裕が皆様にもありますように・・・。

     

     

    家づくりにおいても眺められる窓ひとつ・・・お気に入りの椅子を置く場所ひとつから

     

     

    考えて心からほっとできる空間をご提案していきたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 土地を考える④ 都市計画 -アオキ-

    2018年01月10日(水)

    アオキです。

     

    不安定な天気が続いていますね。

    気温の変化が激しいときは生姜を食べて体を暖める。

    アオキ流の体調管理方です。

     

    さてさて、絶賛連載中の土地を考える。今回で第4弾です。

     

    都市計画。言葉事態は聞いたことはあるけど、??の方も多いのではないでしょうか。

     

    この都市計画、不動産を見る上でとっても重要な事です。

     

    そもそも都市計画とは、その定義として以下のように述べられています。

    「都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための土地利用、都市施設の整備及び市街地開発事業に関する計画」

    なかなか難しい事が書いてありますが、要約すると

    「多くの人が気持ちよく暮らすために、土地の使い方や建物の建て方にルールを決めて、道路や公園など生活に必要な施設を整備することや、川や森などの自然を残していく。このようなことを定めて、実現していくこと」

    これを都市計画といいます。

     

    たしかに、みんながみんな自分の好き勝手に家を建ててしまったら、街はスゴい事になってしまいますね。町並み見た目だけの問題だけでなく、緊急車両が道路に入っていけない、電線への干渉、治安の悪化などなど、安全面でも問題が発生する可能性も出てきます。

     

    さて、この都市計画は誰が決めているかというと、各県、および各市で決められています。決定者は県知事・市長です。これは各地域の特性をよく理解している、身近な機関・人間が決める方が良いからです。この計画を元に様々な規制=ルールが整備され、それに則って街づくりがされていきます。

     

    その規制とは、、、、

    長くなりますのでまた次回に勉強していきましょう。

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 大人の時間割

    2018年01月09日(火)

    年明け早々の3連休も終わり、いよいよ本格的に通常モードというところでしょうか?

     

     

    子供たちの学校も始まったお母さんはほっと一息かな?

     

     

     

    シノスタイルも6日から仕事始めとなり、今月行うイベントの準備や

     

     

     

    新たに企画している建物のプラン校正で

     

     

     

    助走なくダッシュっぽいスタートを切っております。

     

     

     

    でもまずは元気で仕事が始められることに感謝、

     

     

     

    お客様と楽しくお打ち合わせさせて頂けることに感謝・・・。

     

     

     

    忙しいとつい辛いことばかり考えてしまいがちですが

     

     

     

    ふと思い直せば、何不自由なく健康でその日を

     

     

     

    終わりにできることをありがたく思います。

     

     

     

     

    一年のスタート!と気合を入れるも

     

     

    先々の予定を考えると、あっという間に月日もながれて

     

     

    いってしまいますしね。

     

     

    そんなことを言っているシノスタイルでも、予定を考えれば

     

     

    ほぼ半年はスケジュールが埋まっていますので、

     

     

    計画と時間の管理がとても重要になります!

     

     

     

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

  • 土地を考える③ 方角 -アオキ-

    2018年01月08日(月)

    アオキです。

     

    いい天気が続きますね。

    昨日風は強かったですが陽が出るとポカポカ心地よい日でした。

    空気乾燥してますので体調管理はしっかりと。

     

    さてさて絶賛連載中の土地を考える。

    今日は土地と方角の関係を勉強していこうと思います。

     

    原理原則。日本は東から陽が登り西に沈んでいきます。

    これは全国どこにいても変わらない、いわばどうしようもないこと。

    ここをどう考えるかがポイントです。

     

    一般的には家を建てるとき、陽の入り方が優先される事が多いですよね。

    日中、部屋への陽の「入り方」や「入ってくる時間の長さ」などで色々生活に関係してきます。

    そして不動産価値的な観点から考えると、陽が多く当たる土地の方が価値が高くなります。

     

    陽が多く当たる土地の条件とは、土地に接している道路が多いこと、つまりは隣接している建物がないことです。究極を言えば四方が道路に面している土地は陽当たりが良いということになります。

     

    しかしそんな土地はなかなかありませんので、以下のような4区画の分譲地で見てみましょう。

    先程お話しした通り、太陽の動き”東⇒南⇒西”を考えると、それらに面している時間が長いほど陽当たりが良い土地と言えます。なので、上の4区画で考えると、、、、

    「朝の東陽」「昼の南陽」が入る”A”

         ↓

    「昼の南陽」「夕の西陽」が入る”B”

          ↓

    「朝の東陽」が入る”C”

          ↓

    「夕の西陽」が入る”D”

    の順で日当たりがよくなります。

    よって、こういった要因があって、隣接している土地でも価格の差が出るんですね。

     

    気になっている土地があったら、今回の土地の方角についても見てみてください。

    なるほど思うことがあるはずです。

     

    ↓インスタ始めました。

    ⇒輸入家具と照明&DIY工房「セカンドベース」

    banner2

    ⇒ガーデン・キッチン・木製ミニ家具のお店

    banner3

    ↓ランキングに参加しています。クリック クリックお願いします。

    にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ

     

     

  • 次の10件